意外な意外な組み合わせのコラボメルマガ誕生!

ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!


皆さん、こんにちは!

意外な意外な組み合わせのコラボメルマガの誕生です!

おとぼけ辛口コラムのゆっこ(三宅雪子元衆議院議員)と、

今さら紹介するまでもない切れ味鋭いブログの女王こと、きっこ

実はこの二人、知る人ぞ知る大の仲良しなんです。

以前から、「二人で何かやりたいよね!」と話していたところ、

この度、政治にもっと興味をもってもらうべく、

言いたい放題のコラボメルマガゆっこ & きっこの言いたい放題MAX!

始めることになりました!


いよいよ来月から配信するメルマガで、ゆっこきっこしか知り得ないような

政財界などの裏話を可能な限り実名でガンガン発信して行きま ~す!


しかも!政財界の裏話など以外にも、楽しいコーナーのお部屋も設ける予定です!


乞うご期待!


お申込み方法は、 メルマガのお申し込み をご覧ください。


よく「届いていない」というご連絡を頂くことがあるのですが、「迷惑メール」のフォルダーに入っている場合があります。ご連絡前に今一度ご確認ください。


また、『ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!』ですが、分量が多く(40~50ページ)きっこさんイラストなどもあるため、携帯のメールアドレスですと、文字化けが起きるケースがあります。パソコンのメールアドレスでお申し込み頂けますと幸いです。




=================================




ゆっこ

三宅雪子。魚座のB型。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。2013年7月参議院全国比例代表選挙惜敗(2位)。現在無所属。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を続けている。趣味は、読書(ノンフィクション)と海外ドラマ鑑賞など。



きっこ

(本名非公開)蠍座A型。フリーのヘアメーク・アーティスト。趣味は俳句と競馬とプロ野球のテレビ観戦。大嫌いなものはゴキブリと自民党とジャイアンツ。




=================================





きっこ&ゆっこの言いたい放題MAX!(告知パイロット版)


ゆっこ

きっこさん、悪政を次々と打ち出す安倍晋三さんが、今度はテロ準備何チャラって言い出したけど、どう思います?あれって、平成の共謀罪ですよ!


きっこ

「テロ準備罪」、正式には「テロ等組織犯罪準備罪」のことですね。平成の共謀罪というか、共謀罪そのもので、名称を変えただけですよ。「国民総背番号制」を「マイナンバー制」に変えたのと同じで、名称を変えることで法案や政策の印象を変えて国民を丸め込むのが安倍さんの十八番ですから。今回の名称も「テロを阻止するためなら仕方ない」と国民に思わせるのが狙いでしょう。


ゆっこ

でしょ。あの小泉さんですら躊躇してやらなかったのに、それをやるって言うんだから。

今まで廃案になった法案リストみながら、次通す法案探しているんでないかと疑っているんですよ。歴史に名前を残したいんでしょうね。あきらかに。


きっこ

安倍さんの場合は、歴史に名を残したいだけでなく、あれほど鳴り物入りで始めたアベノミクスが何年経っても「道なかば」なので、それをごまかすために外交だのテロ対策だのに力を入れているのだと思います。そして、今の安倍政権の二本柱は「マスコミの懐柔」と「反政権勢力への徹底した圧力」ですから、今回のテロ準備罪にしても、反政権勢力を抑え込むための布石でしょう。


ゆっこ

でもね。緊急事態法もアブナイけど、こっちもアブナイ。本当にアブナイ。だいたい、「準備」って、拳銃を買うわけあるまいし、集まって話し合っていたら、お縄になっちゃう可能性もあるわけで。「準備資金」だってお金に色はついていないから、いったいどう見極めるのって話です。別件逮捕ばかりになりそうで恐ろしいです。


きっこ

この「テロ準備罪」は、実際にテロ予備軍を摘発するための法律ではなく、安倍政権にとって都合の悪いことを発信している有識者や著名人などを抑圧するためのものだと思います。たとえば、安倍政権の原発推進政策に反対している市民団体などは、今も公安によって監視されていますが、こうした監視の幅を広げるのが目的だと思います。


ゆっこ

きっこさんも気をつけてくださいよ。今までのように好き放題書いていたら、いきなり警察に踏み込まれたりして・・・。あ、私も、一緒か!


きっこ

あたしのブログのアクセス解析を見ると、自民党本部や首相官邸、警視庁や公安、果ては東京地検特捜部からの足跡まで残っています。社会的に何の力も持っていないフリーのヘアメイクのあたしでさえも、ここまで神経質に監視されているのですから、こんなトンデモ法が施行されたら、テレビやラジオなどに出ている反・安倍政権のコメンテーターたちは、カタッパシからお縄になってしまうかもしれませんね。一方、安倍政権の官僚たちは、小渕優子さんや甘利明さんの例を見れば分かるように、どんなに悪いことをやっても不起訴でチャラになってしまいます。


ゆっこ

え! すでに監視されていたのですね。私もACTAの採決前に官邸前でスピーチしていたら、明らかに公安らしき人がそこら中で目を光らせていて、逆にそれで「ああ、この法案は公安マターなんだ」と再認識したんです。ただの模倣品防止条約ではないって。しかし、甘利さんや小渕さんで不起訴なら、今後政治家がお金で罪に問われる事ってなさそうですね。あとね、事務所の常備品はドリルの時代!!まさか、これも政治資金だったりして。


きっこ

あれには笑いましたよね。証拠隠滅のためにパソコンのハードディスクを電気ドリルで破壊したというのに、それでも小渕優子さんは何のオトガメもなし。それどこか、未だに国会議員として年間に何千万円もの収入を得ているのです。この小渕優子さんの例を見ると、自民党のすべての議員が事務所に電気ドリルを常備してるような気がしてきます(笑)


ゆっこ

私ね、そういう意味でドリル前ドリル後って言っているんですよ。ドリル後って誰もお咎めなしでしょ。せいぜい、役職辞任するぐらい。このあいだ、小川敏夫参議院議員にお話を聞いたんですけれど、購入した日と登記した日の期ずれが問題となった小沢さんの「陸山会事件」あれなど、普通は単なる記載ミスで修正ですむ話です。なんなんでしょうね。この違い!



ということで、こんなやりとりをこわいものしらずの二人で11月からお届けします。

お申し込みは、「メルマガのお申し込み」をご覧ください。




copyright (c) Yukiko Miyake, keep on going. 2016-2017

 

【警告】当メールマガジン内に掲載されているすべての文章、画像等の無断転載、転用を禁じます。

すべての文章、画像等は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright 2016-2017 Yukko&Kikko. All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.